プロフィール

Author:はるかわ しおん
なにか、新しいものを。
そして、楽しいものを。

FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Linux の Kickstart インストール

RHEL 4 update4 をキックスタートインストールしようと思ったのだが、サーバ本体にフロッピーディスクドライブ (FDD) が付いていない。
USB FDD を利用しようかとも思ったのだが、そのときのデバイス名がどうなるのか不明だったのでメモ。

# 結構ぐぐってみたのだが、USB FDD で Kickstart をしているサイトが見当たらず。
# なお、USB FDD に限らず、USB フラッシュメモリなどでも同じだと思われます。


1. 挑戦

CD-ROM でインストーラを起動し、ためしに下記を実行。

boot: linux ks=hd:sdc/ks.cfg

※"=" は [~] キーを押して入力。
※":" は [Shift] + [;] キーを押して入力。

1.jpg


これで一発成功すればよいが、外れていた場合 (RHEL CD-ROM のテストとかが始まる) は次へ。


2. デバイス名を特定

インストール作業を途中まで進める (要は anaconda が起動したときということ) 。

2.jpg


ここで、Ctrl+Alt+F2 で仮想コンソールを切り替えてください。
切り替えて

 # cat /proc/partitions

を実行することにより、blocks の値からフロッピーディスクドライブのデバイス名を予想してください。

3.jpg

※この写真は、例です。違うことをやったときに撮った写真なので、ここには FDD はありません・・・。

3. 再挑戦

CD-ROM でインストーラを起動し、下記を実行。

boot: linux ks=hd:<2. で判明したデバイス名>/ks.cfg

当たっていれば以下の画面になったあと、自動でインストールが進むことでしょう。

4.jpg



# まぁ、そのマシンの構成を正確に知っていればデバイス名は自ずと分かるのですが。
# 構成を知らないときのほか、考えるのがかったるいときなどにどうぞ。



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。