プロフィール

Author:はるかわ しおん
なにか、新しいものを。
そして、楽しいものを。

FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • AndroidとChromeの統合について

第39回 HTML5とか勉強会+日本Androidの会 2013年5月定例会
AndroidとChromeの統合について




現在は、サーバサイドWebとAndroidNativeはあまり連携していない
Androidはエンタープライズの領域で十分に利用されていない
→サーバ側では、サーバリソースの負担等の問題の見直しが進行中である
 クライアント側の性能が飛躍的に向上している
→サーバサイドアプリとネイティブの間に、中間的なアプリ形態が出始めてきた
AplicationChacheを利用したアプリ
PackagedWebApp (Chrome、Tizenn)  など

PackagedWebAppの特徴
→Web技術を利用して、ネイティブと同等の性能を持ち、デバイスに依存しないアプリを目指す
ネットワーク接続を必須市内
デバイスハードにアクセス可能
Packageの形でのアプリ配布が可能である (マーケットからダウンロードされてデバイスにインストールされる)
セキュリティの手段として、ContentsSecurityPolicy(CSP) に対応

サーバーとクライアントの役割見直しの背景
クラウドデバイス (スマホとか)はパソコンよりはるかに立地なクライアントである
サーバーの負荷増大・トラフィック増大
プログラムとViewの分離のむずかしさ (すべてがサーバー側でコントロールされているから)

8CoreAndroidの時代が始まる
GalaxyS4 は 8Core の予定である

ThinServerArchitecture(TSA) は、すべてのプレゼンテーション層のロジックをクライアント(Webブラウザ) に移そうということ
サーバー側開発者は、ビジネスロジック開発に集中できる
クライアントが分離して開発されるので、アプリの複雑さは低くなる
→クライアントにはビューとコントローラ、ロジックはサーバにある


AndroidとChromeの統合について
昨年来のAndroidへのCHrome搭載開始によって本格的に進み始めた
今年中に、Chrome の PC/Android 同一バージョン同一リリースを実現することとなる予定

現在は Chrome は Android4系でしか動かないが、だんだん増えてきており、いまは 50% のシェアに到達しつつある

第3のOSが出てきそう (FirefoxOS とか) なのは、iOS/Android を倒せる可能性が HTML5ベースのOSしかないから。
→Androidは、これまでのネイティブリソースを生かしながら、ハイブリッドなOSになってゆくはず
→小腰の夏か秋ごろに、Android5.0とChrome29が合流することになろう


ChromeとAndroidマーケットの統合
AndroidとChromeのWebStoreの統合に進むだろう
→ここで販売されるアプリは、デバイスだけでなく、Windows/Linuxなどでも動くものとなる

PackagedApppの開発スタイル
ブラウザからChromeランタイムとなる
WebViewは利用しない

AndroidとChromeの統合の開発者に対するインパクトについて
Androidアプリの潜在ユーザーは、iOSアプリの3-5倍のユーザーが存在するのである
→グローバルに目を向ければ可能性は開ける

50ドルAndroid製品が出てきて、iPhoneは追随できず、第三世界でのユーザが増えてゆくはず
コミュニケーションと情報の共有について、まだまだ可能性があるのではないか!



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。