プロフィール

Author:はるかわ しおん
なにか、新しいものを。
そして、楽しいものを。

FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ディスプレイと作業効率と、キーボードと作業効率

会社のマシンを新しくしました。
会社をうまく言いくるめて (!?) 、ディスプレイは 1680*1050 ピボット機能付きのものです。
かたや、マシン本体は少々しょぼく、Core2Duo ですらありません (CPU を落として、導入費用の帳尻を合わせた) 。

同僚たちは「ノートパソコンがいい」などと口々に言います。違う席に動いても仕事が出来るからいいそうです。

でも・・・それって、どうなんでしょう。
※ちなみに、筆者は現在、開発職からインフラ屋さんに転職しました。

確かに、サーバマシンの前に陣取って作業をするときもあります。
しかし、大半の作業は SSH だのリモートデスクトップだのでリモート接続するわけで、違う席に移動して作業をすることなどめったにありません。
それなのに、わざわざディスプレイの狭いマシンを利用するなど、自ら仕事を放棄しているとしか思えません (言い過ぎですね >自分) 。

ディスプレイが狭いと何が問題かって?
いろいろ問題があると思います。

・文書全体が見えない
・文書全体を見ようとすると、かなりの縮小をしなければならない
・Word や PDF マニュアルなどの上下関係が重要な文書は、どうしても印刷してしまう
  →紙の無駄
・スクロールさせたりする細々とした作業が、一日・一月・一年と経過するにつれてどんどんたまってゆく
  →それにあわせて、ストレスもたまってゆく (そんなことはないか?)

※これらは狭いディスプレイをマルチにしてみたところであんまり変わりません。

考えてみてください。
日々の作業をするにあたり、ボトルネックは CPU と 人間 と、どちらにあると思いますか。

CPU のスペック差による作業効率の増減と、ディスプレイの広さの差による作業効率の増減。
どう考えても、より作業効率に影響があるのは後者のディスプレイです。なぜなら、人間とのインターフェースは CPU ではなくディスプレイだからですね。

そんなわけで、技術者には広いディスプレイを与えるべきなのです。
しかも、ピボット機能付きでなければなりません!

ノートを否定するわけではありません。事実、プライベートでは広いディスプレイのデスクトップと、携帯性に秀でる PCG-X505 を使っています。
要は、適材適所を適切に考えなさいと。そういうことです。

・・・とまぁ、どーでもいいことを記してしまいました。
22インチディスプレイの購入を通すために、すごい苦労したもので・・・。


・・・そしてもう一つ。
実はこのどーでもいいことの記事を書いているのは、上記の愚痴をするためだけではありません。
もう一つの人間とのインターフェース、キーボードを新しくしたからです。

※キーボードについてもいいもの (個々人に合うモノ) を選ばせて欲しいなぁというのは無理難題ですかねぇ。やっぱり。

会社に私物のハードウェアを持ち込む是非は置いておくとして、本日、秋葉原で新しいキーボードを購入しました。
あこがれだった HHK は今回も見送り。触った結果、やっぱり私には合いません。
Windows のショートカットキーを多用する私にとって、どうも HHK は合わないんですよね~。

というわけで、今まで使っていた FILCO の翼の代わりに FILCO のマジェスタッチ FKB100M/NB をチョイス。
しかしこれが・・・かっこいいのは良いのだが、右側の Shift の位置が翼と違う!!!
店では気付きませんでした。
おかげで、大文字アルファベットを入力しようとするたびに、カーソルが上に行ってしまう!

そんなわけで、この記事はマジェスタッチに慣れるために、無理に文章を書き綴っているのです。


あー、店でキーボードをチェックするときに試してみるキー操作をまとめておいた方がいいかもしれないな。
うん、世のため人のため自分のために、こんど整理してみよう。以下みたいな感じで。

1) ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ(改行)
2) abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
3) 2) で HOME して数文字削除し、END してバックスペースで数文字削除。
 さらに、Shift + HOME してから 一行削除。
4) あいうえお を入力して、カナ、半角カナに変換し、Esc でキャンセル
5) etc...
スポンサーサイト
  • Excel VBA でセル・文字列の書式を維持しつつ、不要な文字列を削除

Excel VBA にて、文字列の書式を維持しつつ、一部の文字列を削除したいという状況になりました。
しかし、ぐぐっても情報がない!

苦労しましたが、こんな感じでいけました。
# あくまで自分の覚書なので、ソースがあんまり掃除されていないのはご勘弁。


'今回の例では、先頭~| までを削除する想定のため、| の位置を検索
intCount = InStr(<対象セル>.Value, "|")

'いらない部分を削除
'<対象セル>.Value = Right(<対象セル>.Text, Len(<対象セル>.Text) - intCount) 'これだと、書式が維持されない・・・
ActiveCell.Characters(0, intCount).Delete 'これだと、書式が維持される


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。