プロフィール

Author:はるかわ しおん
なにか、新しいものを。
そして、楽しいものを。

FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ウォーターフォール開発における工程名

BD や SI など、前々からなんとなく使っていた用語だが、この機会に整理してみることにしました。
だって、ぐぐっても整理されてるサイトがないんだもん・・・














工程略称(めんどくさいので) テキトーな説明
要件定義あるシステムにおける、顧客が実現したいもの (要件) について定義する工程。
基本設計, 機能設計, 外部設計BD (BaseDesign? BasicDesign?)
FD (FunctionDesign)
要件定義を元に、開発担当からの視点で基本的な設計 (外部設計) を行う工程。
詳細設計, 内部設計DD (DetailDesign?)
SS (ShousaiSekkei …汗)
基本設計を元に、具体的な処理方式 (ロジックや内部的なデータ構造等) を設計する工程。
プログラム設計PD (ProgramDesign)詳細設計を元に、プログラムの構造を定義 (クラス図など) する工程。
開発CD (Coding)
M (Make)
ものづくり。
単体試験UT (UnitTest)
PT (PartTest)
単体のプログラムを試験する工程。
本当に単体の試験をする工程を UT1、ある程度のモジュールを組み合わせて結合チックな試験をする工程を UT2 として区別することもある。

試験項目書は PCL (ProgramCheckList) または MCL (MakeCheckList?) と呼称することもある。
結合試験SI (SystemIntegration (test))
IT (IntegrationTest?)
LT (LinkTest?)
DB (DeBug?)
すべてのモジュールを組み合わせて試験する工程。
こちらも SI1(IT1) と SI2(IT2) と分けて実施することもあるが、こうなると UT2 と SI1 の区別が意味不明なこともしばしば。

試験項目書は CCL (ComponentCheckList) と呼称することもある。
システム試験ST (SystemTest)開発物を本番の環境に載せて試験する工程。

試験項目書は SCL (SystemCheckList) と呼称することもある。
完全試験?PT (PerfectTest? ProductTest?)
受入試験RT (ReceiveTest?)納品された開発物一式を、顧客が試験する工程。

※情報や突っ込み等、あればコメント欄にお願いいたします。。。

スポンサーサイト
  • Excel2003 (ADO 経由) にて Access2003 のクエリ (Replace 含む) を実行すると未定義エラー

Excel2003 VBA (ADO 経由) より Access2003 (Jet) に対して SQL (Replace関数を含む) を実行すると

「式に未定義関数 'Replace' があります。」

というエラーが出ます。


同じ SQL を Access2003 上で選択クエリに書いて実行すると、これは実行できます。


今度は SQL ではなく、この選択クエリを Excel2003 VBA より実行すると、今度は

「SQLステートメントが正しくありません。DELETE、INSERT、PROCEDURE、SELECTまたはUPDATEを使用して下さい。」

というエラーが出ます (一字一句これと同じメッセージだったかは忘れた) 。


ぐぐると、Replace 関数は Access2000 では使えないうんぬんばかりなのですが、この問題はそうではありません。
理由が分かってしまえば問題でもなんでもないのですが、要するに・・・

Replace は、JET データベースエンジン自体が持つ関数ではないため使用できません。
(Access 経由であれば、VBA の Replace 関数を SQL 中で利用できるのですが)
  →http://bbs.wankuma.com/index.cgi?mode=al2&namber=16708 by 魔界の仮面弁士さま

・・・とのことです。


私はデータベース内の全角スペースを半角スペースに変えて SELECT したいために Replace 関数を用いていたのですが、あまりここに手間をかけるつもりもないので、データベースにデータをインポートする際に VBA で Replace をかけて逃げることにしました。
  • Vista+Excel2000 で管理者権限で実行

Vista で Excel マクロ (Excel2000 ですが、他のバージョンでも同じでしょう) を動かしたところ、Shell を使って regedit を実行しているところで止まってしまいました。
あー、やっぱり・・・というのが正直な感想。

Vista+Excel2003で管理者権限で実行するには?
さんで、これまたやっぱり・・・という対応をしているのですが、なんとかならないものかと。

で、少なくとも私のケースでは定期的にマクロを動かしたい (マクロを含む Excel ブックを起動させ、手動でマクロを実行させる) という話なので、XP までと同様にタスクを作成しました。
今までと違うのは

[v] 最上位の特権で実行する

にチェックを入れていること。

excel_task.jpg


これで、Vista でも管理者権限が必要なマクロを実行することができます。
  • Vista で Office2000 の OfficeUpdate

Windows Vista マシンを導入しました。
・・・使いづらい・・・。

それはともかく、Office2000 の OfficeUpdate が使えないのがかなり問題です。
調べてみたところ・・・手動で更新プログラムを当て続けるしかないとのこと。

せめて、SP3 以降の更新プログラムをまとめて提供してもらえるようにはならないでしょうか (zip 圧縮でよいので) 。 >マイクロソフトさま


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。